プロシオンジャパン IAQnews No.10

2019.02.09 Saturday

0
    IAQnews No.9はこちら
    $
    現在、屋内環境には様々な有機化合物があふれています。
    $
    家具、建築材料、パーソナルケア製品(石鹸やシャンプー、化粧品など)、清掃用品(主に洗剤)など、様々な供給源から放出されるこの有機化合物は、窓、壁、床などあらゆる表面に付着する可能性があります。
    付着した有機化合物によっては、そのまま堆積するものもあり、またガラスなどの表面で化学反応を起こし、他の成分になって放出されることもあります。
    $
    カルフォルニア大学のVicki Grassian教授は、ガラスと室内環境にある様々な有機化合物との相互作用について研究をしています。この教授のチームは特にリモネン(柑橘系の果物の皮に含まれている化学物質)に焦点を当てて研究をしています。洗剤や芳香剤にも多く使用されることがあるリモネン。リモネンは、ガラスの表面に付着したあと、時間と共にガラスの表面の素材である二酸化ケイ素と反応し、別の有害な化学物質に変化して、室内に放出されることが分かっています。
    $
    この物質は、喘息やその他の慢性閉塞性肺疾患の人たちにとっては命に関わる状態になってしまう事もあります。教授も喘息患者の1人であることから、「室内環境における空気の中の状況(様々な有機化合物によって有害な物質が空気中にある状況)を理解することは今後もとても重要になってくる。」と言っています。
    $
    リモネンのように、人によっては不快と感じない臭いでも化学物質として考えると、室内環境では様々な化学変化を起こし、我々の健康を害する物質になることもあります。
    $
    この点からも、プロシオン製品のように全く臭いのない、有機化合物を含まない洗剤を使用して清掃作業を行うことで、利用される様々な人たちが安心して、健康的な室内環境を維持することができます。
    $
    特にプロシオンは喘息やアレルギーの疾患を持つ人には安全であるという認証をもらっています。

     

     

     

     

     

    驚きの洗浄力、なのに中和剤要らず。世界標準IAQ満たし来たるオリンピック対策もバッチリ。

    Sales team @ Procyon Japan Inc. 
    動画配信中


    カーペット清掃 絨毯清掃 

     

    シミ落とす クリーナー 洗剤
     

     PROCYON JAPAN
    プロシオン ジャパン
    TEL: 027-232-3851
    FAX: 050-3730-9054
    Mail: sales@procyonjapan.jp
    URL: http://procyonjapan.jp

    コメント
    コメントする